So-net無料ブログ作成
検索選択

高梨沙羅 実家は焼き肉屋?強い理由は食事?好きな食べ物は?身長は?体重は?スキー板は? [スポーツ]



スポンサードリンク


1月28日に行われたノルディックスキーの
世界ジュニア選手権にて、
ソチオリンピック代表の高梨沙羅が、
史上初の3連覇を達成した。
さら.jpeg
17歳という若さで快挙を達成した高梨沙羅だが、
一体生まれや育ちはどういったものなのだろうか。

実家や食事など、生活面について調べてみた!


高梨沙羅の実家は、北海道上川郡上川町。
父や兄もスキージャンプの選手ということで、
ジャンプ一家である。

実は、父が焼き肉屋を経営することになり、
その宣伝を報道陣に依頼することで、
かなりのひんしゅくをかったというニュースもある。

一方で、自宅には敷地内にジャンプ台もあり、
当時からジャンプにはかなり打ち込んでいたとか。

しかし、高梨沙羅が強い理由は、
練習だけではない。

それは、圧倒的な食事面でのサポート

幼稚園の頃から甘い物も食べず、
ジュースよりお水といった、
自然と健康的な食生活を送っていたらしい。

また、好きな食べ物については、
本人は母が作った肉じゃがと述べていたが、
高梨沙羅の母曰く、
豚のしょうが焼きが大好物らしい。

今では、細野恵美さんという専属栄養士がついている。

ここでの必勝アイテムが、
意外にも、「和菓子」だという。

やはりアスリートに当分は必須なんですね!

補足すると、甘い物なら何でも良いかというと、
そういうわけでもなく、
例えば、洋菓子だとバターが含まれるので、
好ましくないという。

小さい頃はそこまで食べなかった甘い物を、
今では必須アイテムとなっている。

一方、体型については、
身長は152cm、体重は46kgと、
ジャンプ台を羽ばたくには小柄な方。

いかんせん、ジャンプのスキー板は身長に比例して決められ、
スキー板が長い方が滑空しやすいため、
背が低いと若干不利だと言われている。

身長の不利をバネに、
3連覇という確固たる実績を残した高梨沙羅は、
本物の実力者と言えるだろう。

昨年、世界的に有名なスキー板メーカー「エラン」と、
日本人初の専属契約を結び、
「SARA」の文字が刻まれたスキー板を使用。

ソチオリンピックに向けて、
一気に「SARA」ブランドを、
世界に拡げていってほしいものですね!


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。